印鑑を買うならココ!通販サイトランキング

三角の画像

ホーム > 印鑑情報 > シーン別印鑑の選び方

シーン別印鑑の選び方

 日常生活の色々な場面で利用する印鑑ですが、適した場面で適した種類を使うことも必要な基本的な知識のひとつです。実印や銀行印、認印、訂正印や会社印などもあります。小さな会社の場合には会社印と実印が同じ場合もあります。実印や銀行印、認印などの場合には、とくに大きさが決まっているわけでもないので、自由に使うことができますが、相手の印象ということでは、一般的で常識的な使い方をしたほうが誤解を生じなくてすみます。
 とくに実印は良い商品を通販などで購入しておくと、その後の生活でも安心して利用することができます。認印や銀行印などは、三文判ぐらいの大きさで十分ですが、実印は大きめの商品にしておきます。貫禄もあり、安心感も生まれるからですし、安定感があるので、相手もそれらの書類を見て安心するという心理的な効果もあります。

 日常生活でのシーン別の選び方としては、たとえば大きな人生の契約などでは実印を利用します。印鑑登録が必要な場合もあるので、印鑑登録をしておく印鑑として、良い価格の高めの、誰が見ても実印だという印象の印鑑にします。認印で代用もできますが、一度購入すると買い替えることもあまりないので、通販などで大き目の実印を購入しておく方が何かと人生で効果を発揮します。
 欠けたりしない商品としてはチタン製の金属の実印を用意しておくという方法もあります。他の商品よりは効果ですが壊れませんし、欠ける心配もあまりありません。火事でも残りますので安心して一生使うことができます。温かみや安心感が欲しいという場合には、象牙なども良いですし、水牛や柘などの木製も効果的です。自分の代身ということでは、自分が気に入った商品を購入するという方法もあります。

 現代風の選び方ということでは、インターネットの比較サイトやランキングサイトで、特徴やメリットやデメリットを調べて、自分に合った商品を選ぶという方法もあります。とくに参考になるのが体験者の体験談です。使った時のメリットやデメリットを調べて、自分が体験しそうな場面で、どの商品が良いかなどを考えてから購入するという方法もあります。インターネットでは、それらの先人の体験談がたくさんあります。 比較サイトなどでも豊富ですし。印鑑通販のサイトにも、それらの知識が豊富にあります。それらを調べてみて、コストや使う状況などを考えて選ぶと無難に選べますし、相場もわかります。購入する時期としては、たとえば社会人になる時や、転職などの時、家庭を持つ時、マイホームを購入する時など、人生の転換点で購入すると区切りもつきます。

カテゴリー